核融合科学研究所 > 技術部 > 計測技術課

核融合科学研究所 計測技術課










放射線計測システム技術係

放射線計測システム技術係は、重水素実験に向けて放射線管理体制と放射線総合監視システムの構築を行っています。
主な業務は次のとおりです。
  1. 放射線管理体制の構築
    放射線管理室と協力して、放射線障害予防規程等の規則やマニュアルの整備及び放射線業務従事者の登録、 教育訓練、入退出管理、作業管理、個人被ばく線量計測等を実施するため放射線管理体制の構築を進めています。

  2. 放射線総合監視システムの構築
    放射線総合監視システムは、環境放射線監視装置、実験放射線監視装置、入退出管理装置、室内ガスモニター、排気ガスモニター、排気ガス処理装置、 排水処理装置等からの情報を統合監視することにより放射線安全の観点から重水素実験をコントロールします。
    現在、重水素実験に向けて本装置の開発・検討を進めています。

  3. 放射線計測機器の運転監視
    室内ガスモニター、排気ガスモニター及び排水処理装置の運転監視を行い、重水素実験前のバックグラウンドデータを蓄積しています。

  4. LHD周辺機器の重水素実験対応
    重水素実験に向けたLHD周辺機器の中性子対策の支援を行っています。また、大型機器の保守を行うための保守作業室の整備を進めています。

実験放射線計測技術係

 実験放射線計測技術係は、重水素プラズマ実験で発生する放射線を測定する計測システムの開発、構築作業を進めています。
主な業務は次のとおりです。
  1. 中性子監視装置
    重水素プラズマ実験で発生する中性子の発生量、発生率を監視し、重水素実験のインターロック計測器となる計測システムの開発および設置作業を行っています。

  2. 中性子監視装置絶対較正の準備
    中性子監視装置をインターロック計測器として用いるために標準線源による絶対校正実験を重水素実験開始前に実施する準備を進めています。

  3. 中性子プロファイルモニタ装置
    重水素プラズマの特性評価を目的に、プラズマ中で発生する中性子の空間分布計測を可能とするコリメータ群の製作、据付を行っています。

  4. LHDプラズマ計測機器の重水素実験対応
    重水素プラズマ実験に向けLHD計測機器の中性子対策支援を行っています。

環境放射線計測技術係

環境放射線計測技術係は、重水素実験に向けて、放射線監視装置(RMSAFE)により環境放射線バックグラウンドデータを蓄積しています。 放射線総合監視システムと放射線監視装置を接続することにより重水素実験を安全に遂行するためのシステム設計を進めています。
主な業務は次のとおりです。
  1. 放射線監視装置(RMSAFE)の運用監視
    LHD実験棟周辺及び敷地境界における環境放射線(γ線及び中性子線)を24時間連続で測定しています。

  2. 放射線総合監視システムとの接続
    放射線監視装置(RMSAFE)と放射線総合監視システムを接続し、LHD中央制御装置と連携することにより重水素実験の安全確保を図ります。

  3. 環境放射線データの蓄積
    空気、環境水及び土壌等の環境中に含まれる放射線のバックグラウンドデータを蓄積し、重水素実験以後のデータと確認することにより重水素実験の安全確保を図ります。

放射線計測機器制御技術係

重水素実験に向けて、計測機器とデータ収集システム全体の耐放射線処理と、放射線監視装置の観測値を外部公開する業務を進めています。
主な業務は次のとおりです。
  1. FIR
    電子密度計測のための遠赤外線レーザー干渉計(FIR)やその他計測機器の重水素対応準備。

  2. 計測データの収集系
    重水素実験に向けて、LHD本体からの距離を置いた場所に機器設置エリアを整備し、計測機器移設の準備を進めるととも遠隔による電源制御の システム検討と耐放射線能力の高いラックの設計検討を進めています。

  3. 計測収集データの提供
    保存した収集データをユーザに提供するためのシステムの開発・バグ修正・ユーザサポートなどの業務。
    放射線監視装置(RMSAFE)により計測されている研究所周辺の環境放射線計測値を収集し、外部公開システムにより提供しています。