核融合科学研究所 > 技術部

核融合科学研究所 技術部





  
 技術部長
 副部長
  
 製作技術課
 装置技術課
 加熱技術課
 計測技術課
 制御技術課

 中央部品室(所員限定)
  


 技術部は1988(昭和63)年創設準備室のもと製作技術課、装置技術課、加熱技術課の3課体制でスタートし、1989(平成元)年の研究所発足時に核融合科学研究所技術部として設置されました。1995(平成7)年に計測技術課、翌1996(平成8)年には制御技術課が設置 され5課20係体制の基盤が出来上がりました。2019年4月現在の構成員は常勤職員46名、非常勤職員12名です。

 大型ヘリカル装置(LHD)を代表とする実験設備およびネットワークなどの情報設備の運転・保守管理、装置の設計・開発製作、放射線管理や安全推進業務に係わっており、LHD実験や装置・機器の設計・開発への助言、配置時における各機器との干渉チェックなども行なっています。さらに、共同研究においては研究の円滑な遂行のため技術支援を行うことで大学共同利用機関としての役割も果たしています。
 このように、技術部は研究部、管理部と共に大型プロジェクトを推進するため、技術的側面から研究支援を行う極めて重要な役割を担っています。

TOPIX

2019.04.01加藤明己課長代理は平成31年3月末をもって退職されました。
2018.04.01飯間理史部長、谷口能之副部長、米津宏昭課長、三宅均課長、加藤眞治係長は平成30年3月末をもって退職されました。
2018.01.04村瀬係員はプラズマ・核融合学会賞 第22回技術進歩賞を受賞されました。
2017.07.07平成29年度 核融合科学研究所 技術研究会 ホームぺージを公開しました
2017.04.01広倉覚係員は、平成29年3月末をもって退職されました。
2014.04.01小嶋護係長は、平成26年3月末をもって退職されました。
2013.06.17平成25年度 核融合科学研究所 技術研究会 ホームぺージを公開しました
2013.04.01河本課長代理は、平成25年3月末をもって退職されました。
2012.04.01多喜田泰幸副部長、加藤丈雄係長は、平成24年3月末をもって退職されました。

技術研究会

全国の大学および研究所の技術部を中心に、毎年開催されています。

技術交流

技術協力

所外共同研究者からの技術相談に対応します。

技術職員研修

平成23年度東海・北陸地区国立大学等技術職員合同研修(複合領域コース)が行われました。

各種発表・表彰関連


外部評価

技術部は平成18年度に運営会議外部評価委員会による外部評価を受けました。

(役職名、所属は受賞当時のものを使用)